NEWS

【プレスリリース】FinTech分野等のリスクを保証する専門会社「Gardia」(ガルディア) 目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わるアプリ「CASH」に リスク保証サービスを提供開始



株式会社フリークアウト・ホールディングス(代表取締役:本田 謙、佐藤 裕介、本社:東京都港区)の子会社であるGardia株式会社(代表取締役社長:小山 裕、本社:東京都港区)は、株式会社バンク(代表取締役兼CEO: 光本勇介、本社:東京都渋谷区)に対して、同社が運営する目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わるアプリ「CASH」( https://cash.jp/ )に関連して発生するリスクを保証するサービスの提供を開始することをお知らせいたします。

フリークアウト・ホールディングスは、「人に人らしい仕事を」をグループ全体のコーポレートビジョンとして掲げ、創業以来テクノロジーによって仕事の効率を上げることで、人が本来行うべき創造的な仕事に向きあう時間を向上すべく、事業を展開しています。このコーポレートビジョンのもと、グループの一員である当社Gardiaは「世の中のリスクを、楽しみや喜びに。」をミッションとして、新規性の高いビジネス領域に特有のリスクを保証することを通じて、「人が人らしいチャレンジ」を行うことを支援し、創造的な社会の実現に貢献するために保証事業を展開しております。

「CASH」は、自分が保有するあらゆるアイテムを瞬間的にキャッシュ(現金)に変えることができるアプリです。アプリを立ち上げて保有するアイテムをキャッシュに変えるまでに要する時間は数秒で、面倒な審査や手続きなども不要です。誰でも簡単に、いつでも、どこでも、自分が保有するアイテムを瞬間的にキャッシュに変えることが出来ます。

■Gardiaによる「CASH」に対する保証サービス提供の背景

「CASH」は、“買取戦国時代”と言われている現在、不要な物を手間なく簡単に現金に変えることができるアプリとして2017年6月にサービス開始しました。その直後、予想以上にサービスが使われすぎたため、16時間でサービスを一時停止せざるを得なくなり、社会現象とも言えるほど話題となったサービスです。一方で「CASH」のような現代的ニーズを捉えているサービスにおいて発生しうる、ユーザーの不正利用・債務不履行等のリスクの受け皿が、これまではほぼ存在しませんでした。

Gardiaは、「CASH」のサービスがより一層社会に浸透することが、ユーザーのお金に関する課題を解決し、「世の中のリスクを、楽しみや喜びに。」というGardiaのミッション実現に繋がると考えることから、「CASH」への保証サービスの提供を開始することになりました。「CASH」のような新規性が極めて高い事業は前述のようなリスクを伴いがちですが、Gardiaとしては、そのリスクに対して保証する(リスクをチャンスに変換する)ことで、新しいイノベーションを起こす一翼を担いたいと考えています。

■「CASH」に対する保証サービスの概要図

今後も当社は、新しい保証サービスを提供することで、“人が人らしいチャレンジ“をできる世界を開拓し、創造的な社会に貢献して参ります。

【Gardia株式会社について】

Gardia株式会社は、FinTech分野やRetailTech分野等、新規性の高いビジネス領域特有のリスクを保証する専門会社です。ハイリスク故にこれまでどこも引き受け手のなかった領域全般に切り込み、新しい保証サービスを提供いたします。誰もがリスクをチャンスに、チャンスを喜びに昇華できる環境を。フリークアウトグループ理念「人に人らしい仕事を」を、Gardiaでは、”人が人らしいチャレンジ”をできる世界を開拓することで追求し、創造的な社会に貢献いたします。

会社名:Gardia株式会社
代表者 : 代表取締役社長 小山 裕
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-18-18住友不動産六本木通ビル 12F
事業内容:FinTech領域、RetailTech領域、サービス事業領域等に対する保証サービス
URL:https://gardia.jp/

【本件に関するお問い合わせ】

Garidia株式会社 広報担当:千田
press@frontstage-pr.co.jp


ニュース一覧へ戻る