NEWS

【プレスリリース】Gardia(ガルディア)、 オンラインリユース事業提供の「マーケットエンタープライズ」に リスク保証サービスを提供開始


新規性の高いビジネス領域特有のリスクを保証するGardia株式会社(代表取締役社長:小山 裕、本社:東京都港区)は、株式会社マーケットエンタープライズ(代表取締役社長:小林 泰士、本社:東京都中央区)に対して、同社が運営する「ReReレンタル」において発生するリスクを保証するサービスの提供を開始することをお知らせいたします。

gardia_marketenterprise

■Gardiaの保証サービスとは

当社は、FinTechやRetailTech等の新規性が極めて高くリスクが不透明な事業に対して、商品の未返却や支払拒否などのリスクを保証するサービスを提供しております。ユーザーにとっての利便性を追求する中で生じるリスクを当社が保証することで平準化し、運営者の大胆な事業展開の支援を行ってまいりました。

■「ReReレンタル」とは

「ReReレンタル」は冠婚葬祭や旅行時など、「非日常時の利用」や、試しに使ってみたい「試し利用」ニーズに対応し、「購入(所有)」や「シェア(共有)」に続く消費選択肢を新たに提供することで、「賢い消費」を提案する宅配タイプの総合レンタルサービスです。

■Gardiaによる「ReReレンタル」に対する保証サービス提供の背景

昨今のフリマアプリの台頭に象徴されるように、オンライン上のリユース領域は成長を続けています。それの背後には、モノを所有することにこだわらず、新品・中古問わず、商品購入後は別の消費者に販売する、あるいは一時的にレンタルをするという消費者行動の変化が存在しています。

Gardiaはこれまでも、サブスクリプション型の事業領域において、レンタル商品が返却されない等の不正リスクを保証することで、提携先サービスの健全化、および新規事業領域の成長に寄与してまいりました。

『ReReレンタル』では、カスタマーサポートのほか、破損や盗難を補償する「ReReあんしん補償」の提供により、ユーザーが安心して利用できる点が好評を博しています。Gardiaが、不正リスクの保証を提供することで、マーケットエンタープライズ社が抱える事業リスクを軽減し、結果として、同サービスのユーザーに対して益々の安心と便益を提供できるものと信じております。

【Gardia株式会社について】

Gardia株式会社は、即現金化サービス、サブスクリプション型サービス等のFinTechやRetailTechに特有のリスクを保証するサービスを提供しています。誰もがリスクをチャンスに、チャンスを喜びに昇華できる環境を。フリークアウトグループのコーポレートビジョン「人に人らしい仕事を」を、Gardiaでは、”人が人らしいチャレンジ”をできる世界を開拓することで追求し、創造的な社会に貢献いたします。

会社名:Gardia株式会社
代表者:代表取締役社長 小山 裕
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-18-18住友不動産六本木通ビル 12F
事業内容:FinTech等の新規事業領域に対する保証サービス、後払い決済事業
URL:https://gardia.jp/

【本件に関するお問い合わせ】

Garidia株式会社 広報担当:千田、渡辺
press@frontstage-pr.co.jp

【株式会社マーケットエンタープライズについて】

マーケットエンタープライズは、“賢い消費”を世の中に提案する、ネット型リユース事業のリーディングカンパニーです。 2006年に事業開始以来、 販売店舗を保有しない事業形態で成長を続けています。 2015年6月には東証マザーズに上場、 サービス利用者は延べ230万人を達成しました。

会社名:株式会社マーケットエンタープライズ
代表者:代表取締役社長(CEO) 小林 泰士
所在地:〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル3F
事業内容:ネット型リユース事業
URL:https://www.marketenterprise.co.jp/


ニュース一覧へ戻る